商品カテゴリ
アンティーク家具
ランプ
アンティークカメオ
銀製品
アクセサリー
スペインタイル・ステンドグラス
陶器
時計
ハンドメイド
その他
プレミアムアンティーク 稀代の芸術家達 アラス式wedding 船田船用品株式会社
稀代の芸術家たち

マリウス=エルンスト・サビーノ
(Maurius-Ernest Sabino、1878〜1961)

19世紀〜20世紀のフランスのガラス工芸家。
4歳のときに生まれ故郷のシシリーからパリに移住。父は木彫家であったために、長じてパリ工芸学校、続いて美術学校に学んだ。
第1次世界大戦後の1914年に、ロミーリ・シュル・アンデル・ガラス工場と契約して仕事を始めたが、まもなく自分の工房を開設して、そこで自分の作品の制作を行った。
彼は当初建築照明に主力を注いで、多くの大建築のインテリアを設計したが、なかでも豪華客船「イル・ド・フランス号」の照明や壁画装飾(1927)、また「ノルマンディ号」のインテリア(1935)は、世界の注目を集めた。

ノルマンディ号の1等船客用のホールの壁画装飾の長さは300mに及び、直径1.3mの巨大なシャンデリアが15灯吊り下げられ、階段の手すりやエレベーターのドアまでもが、サビーノのプレス・ガラスで作られていた。

サビーノは、金型を使った型吹き、または押し型成形によって、彫塑的な作品を作ったが、その範囲は、上記のような建築インテリア分野から、日常食器、小オーナメントにまで及んでいる。主として、無色、オパルセント、淡色のガラスを使用していて、ルネ・ラリックの作風と共通している部分もあり、混同されることもある。

工房は、第2次世界大戦中は閉鎖されていたが、その終結した1945年から再開されて、1961年彼が死去するまで続いた。彼の死後、その金型類はアメリカに売却され、現在レプリカがアメリカで生産されている。

【オパルセント工法】

ガラス素材に動物の骨灰や亜砒酸を混入して溶解し急冷して再加熱すると、このように乳濁状で艶をおさえた曇ガラスが出来上がります。この技法をオパルセントガラスと言い、19世紀末より使われ出した技法で、特にアールデコ期の巨匠ルネ・ラリック(1860〜1945)が愛用して一般化されました。



Copyright (C) 2011 FogHorn All Rights Reserved.