商品カテゴリ
アンティーク家具
ランプ
アンティークカメオ
銀製品
アクセサリー
スペインタイル・ステンドグラス
陶器
時計
ハンドメイド
その他
プレミアムアンティーク 稀代の芸術家達 アラス式wedding 船田船用品株式会社
稀代の芸術家たち

シュナイダー兄弟
(Schneider Freres、1913〜1962)

兄エルンスト・シュナイダー(1877〜1937)
弟シャルル・シュナイダー(1881〜1953)
シュナイダー兄弟はパリ市の近くにあるシャトー・ティエリーで生まれたガラス工芸家。

エルストン・シュナイダーとシャルル・シュナイダーは、1913年にガラス工場を設立。シュナイダーの製品は、殆どが弟のシャルルがデザインしていました。

初期の作品は、ナンシー派のヴィクトール・プルーヴェやミュラー兄弟、ドーム兄弟との交流も深かったことから、カメオ技法、パート・ド・ヴェール技法を用いたアール・ヌーヴォーの意匠の作品を多く残しています。

アール・デコが最盛を迎える前の1930年頃になると、彼らの作品も時代の影響とともにアール・デコの意匠に変わっていきました。

アールデコ期の彼らの意匠は、器形はシンプル、色調の変化や気泡の混入で特色を出しています。 また、カメオ・グラスも幾何学文を高浮き彫りにエッチングしたものから、具象的な形を表現した物まで多岐にわたっています。その他の作品も、概して幾何学的な意匠の作品が多い。

サインは、Le Verre Francaisのほかに、Schneider、Schneider Freresと刻銘されている場合が多い。

【シュナイダー兄弟の歴史】

■1903年 兄のエルンスト・シュナイダーはドーム兄弟の工房でセールスマンとして働き始める。
■1905年 弟のシャルル・シュナイダーも兄に続きドーム兄弟の工房で働き始め、アートディレクターとして重要なポストを築く。
■1912年 ドーム兄弟の工房を退社。
■1913年 「Le Verre Francais」というブランドを擁してエピネイ・シュール・セーヌに自分たちの工房を設立。兄エネルストが経営を担当し、弟シャルルが制作を監督し、作品を制作。

Schneiderブランドの他にLe Verre FrancaisとCharlderの商標でも作品を販売した。



Copyright (C) 2011 FogHorn All Rights Reserved.